接触冷感の仕組みも解説!ニトリ『Nクール』とイオン『HOME COORDY COLD』を徹底比較

接触冷感の仕組みも解説!ニトリ『Nクール』とイオン『HOME COORDY COLD』を徹底比較

本記事はプロモーションを含みます

接触冷感は意味ないって聞くけど本当?

接触冷感の仕組みはどうなってる?

近年の夏の定番アイテムとなった接触冷感の敷きパッドやタオルケット。
人気になったからこそ、上記のような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

この記事では、接触冷感の効果の違いや仕組みを解説したうえで、ニトリ Nクールイオン HOME COORDY COLD敷きパッドを「価格」「機能」「冷たさの違い」などから徹底的に比較します。

YouTubeも要チェック!

目次

意味ない?接触冷感の仕組みを解説

接触冷感の仕組みは、使用される素材の熱伝導率の高さを利用して冷たく感じるようになっています。

熱は高い温度の箇所から低い温度の箇所へ移動するという性質を持っています。
そのため、接触冷感のアイテムに触れた時に『肌から物体へと熱が移動する』ことで体の熱が奪われ、ひんやり感じるという仕組みになっています。

暑い日に日陰にあるコンクリートの壁などに触れたときにひんやり感じるのをイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。

Q-Max値で見る冷たさレベルの違い

接触冷感に使われる素材のQ -MAX値

接触冷感の冷たさは熱伝導率が高いほど、多くの熱を奪うことができます。

そして、接触冷感のレベルをわかりやすく数値化しているものがJISが定める『最大熱吸収速度(Q-Max値)』です。
JISによりQ-MAX値が0.2以上の商品を『接触冷感』と表示することができると定められています。

Q-Max値は商品への表示義務がなく、接触冷感の商品にQ-MAXが記載されていないことが多いです。
そのため、各商品を数値で比較することは難しいですが、使用されている素材のQ-Max値を見ることで冷たさのレベルを比較することができます。

接触冷感の寝具によく使用される素材として、ナイロン/レーヨン/ポリエチレンがあげられます。

各素材のQ-Max値の参考数値は以下です。

ナイロン→約0.3
レーヨン→約0.3
ポリエチレン→約0.5

接触冷感の商品を購入する際は、上記のようなQ-MAX値が高い素材がどれくらい使用されているか確認しましょう。

接触冷感商品で冷たさ以外に見るべきポイント

接触冷感の商品では、冷たさ以外にも比較した方が良いポイントがあります。

  • 持続冷感性
  • 吸放湿性

持続冷感性

接触冷感の仕組みは『肌から敷きパッドへと熱が移動する』ことでひんやり感じるというものです。
そのため、敷きパッドの表面温度が肌の温度に近づいてしまうと、その効果は無くなってしまいます。

実際に、触れた瞬間と数分後ではひんやり感が全然違います。

そのため、持続冷感シートの有無や敷きパッド自体の通気性の良さによって、持続冷感性が高いかどうかも確認しましょう。

吸放湿性

快適に寝るためには、吸放湿性(ムレづらくなっているか)も大事になります。

特に、Q-Max値の高いポリエチレンは吸水性・吸湿性が低いため、『レーヨンなどの吸水性・吸湿性が高い素材が使用されているか』『通気性が良い構造になっているか』という点も重要です。

接触冷感の敷きパッド比較

接触冷感の敷きパッドの比較表

ここからは接触冷感寝具の人気シリーズである、ニトリのNクールシリーズとイオンのHOME CCORDY COLDシリーズをそれぞれ比較してみましょう。
※記載の情報は2022年に発売された商品の情報を記載しています。

Nクールシリーズの違い

価格

シリーズ名価格
Nクール1,990円
Nクール スーパー2,990円
Nクール ダブルスーパー3,990円

Nクールシリーズは、グレードごとに1,000円ずつ価格が上がっていきます。

共通機能

Nクールシリーズでは下記の5つは共通機能として備わっています。

  • 吸放湿
  • 抗菌防臭
  • 消臭
  • 部屋干し臭抑制
  • 制菌

また、どれも両面使えるリバーシブルタイプになっていて、暑い時期以外でも使用できるようになっています。

Nクール(ノーマル)

Nクールの機能表

Nクールは、接触冷感表面はナイロン100%となっていて、冷たさは『言われてみれば、ややひんやり』くらいです。

Nクールシリーズは共通して、吸放湿中わたを使用しているため、このNクールもムレづらくなっていますが、価格が低い分ひんやり感もイマイチです。

Nクールスーパー

Nクールスーパーの機能表

Nクールスーパーは、Q-Max値の高いポリエチレンを使用することで『Nクール』よりもひんやり感をUPさせているようです。
ただし、配合率は少なく、実際に触っても『Nクール』との違いはイマイチ感じることはできませんでした。

Nクール(ノーマル)との明確な機能の違いはなく、1,000円の価格の差は感じられませんでした。

Nクール ダブルスーパー

Nクールダブルスーパーの機能表

Nクールダブルスーパーは、Nクール スーパーよりもポリエチレンの配合率を高くすることで、Nクールシリーズの中で一番の冷たさを表現しています。
実際の触感としても、『Nクール』『Nクール スーパー』よりも冷たいのが明確にわかります。

また、Nクール(ノーマル)やNクールスーパーにはない持続冷感機能も備わっていて、やや高めの金額に見合った性能を感じられます。

HOME COORDY COLDシリーズの違い

価格

シリーズ名価格
クール1,078円
クール&さらっとパイル2,178円
クール&ふんわりパイル3,278円
アイスコールド4,378円

HOME COORDY COLDシリーズは、最安モデルと最上位モデルで約4倍の差があります。

共通機能

HOME COORDY COLDの共通機能は吸放湿機能のみになっています。

HOME COORDY COLD クール

HOME COORDY COLD クールの機能表

HOME COORDY COLD クールは、ナイロン&ポリエステルの生地になっているため、ひんやり感はイマイチです。

機能も吸放湿と抗菌防臭のみのため、価格は低いですが接触冷感寝具としてはイマイチと言えます。

HOME COORDY COLD クール&さらっとパイル

HOME COORDY COLD クール&さらっとパイルの機能表

クール&さらっとパイルも接触冷感寝具としてはイマイチのようです。

類似商品として比較対象となるNクール(ノーマル)と比べると、Nクール(ノーマル)は毛玉になりづらいナイロン生地になっています。
機能も多数ついているため、クール&さらっとパイルよりもNクール(ノーマル)の方が優秀と言えます。

HOME COORDY COLD クール&ふんわりパイル

HOME COORDY COLD クール&ふんわりパイルの機能表

クール&ふんわりパイルはQ-Max値が高いポリエチレンの割合が高く、冷たさのレベルが非常に高いと言えます。
また、持続冷感シートによって、冷たさの持続力も高いです。

ポリエチレンは吸湿性・吸水性が悪いという弱点がありますが、中わたに使用されているレーヨンによって、その弱点をカバーしています。

比較対象となるNクールスーパーと比べると、冷たさ・ムレにくさで、クール&ふんわりパイルの方が優秀だと言えます。

HOME COORDY COLD アイスコールド

HOME COORDY COLD アイスコールド

アイスコールドもQ-Max値が高いポリエチレンが使用されています。

複合繊維として使用されているため使用割合は不明ですが、『1番冷たい』という位置付けとなっているため、クール&ふんわりパイルよりも多く使用されていると予想できます。

クール&ふんわりパイルと同じく、レーヨンによって吸湿性を確保しているのに加えて、裏面がメッシュ生地になっているため、よりムレづらい構造になっています。

まさにクール&ふんわりパイルの上位互換として、価格に見合った構造だと言えます。

接触冷感寝具を使用して快適な夏を過ごそう

このように接触冷感寝具の中でも、使用される素材や構造によって機能が全然違ってきます。
また、価格も大きく変わってくるため自分にとって必要な機能が過不足なく備わっているものを選ぶことが大事です。

本記事を参考に、自分に合った接触冷感商品を見つけてください。

参考になった記事をシェア
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

年間100件以上の家をコーディネート。
そこで得た経験を基に、本当に役立つ家づくり・インテリア選びの知識を発信。

▼YouTubeチャンネル『インテリアマガジン』も運営中
https://www.youtube.com/@interior-magazine

目次