テレビとソファの距離はどれくらい必要?サイズごとの適正距離を教えます

テレビからソファの距離はどれくらい必要?

本記事はプロモーションを含みます

テレビとソファの距離って何メートルくらいあければいいの?

今回はリビングのレイアウトを決まる上で大事になるテレビからソファまでの距離について解説します。

ソファからテレビまでの距離が不適切だと下記のようなデメリットがあります。

【近すぎる】

  • 目や首が疲れる
  • 生活動線が不便になる

【遠すぎる】

  • テレビ画面上の小さい文字が見えづらい
  • レイアウトのバランスが悪くダサい部屋に見える

この記事では、テレビサイズから正しい距離を算出する方法を説明しているのでぜひ参考にしてください。
適正な距離を理解して、お洒落で快適なリビングを作りましょう。

目次

テレビからソファまでの適正距離は『テレビ画面の高さの3倍』

テレビからソファまでの適正距離は『テレビ画面の高さの3倍』

テレビとソファの距離はテレビ画面の高さの3倍が適正と言われています。

上記の基準を話すと、「結構近くていいんだね」と思われる方が多いですが、ワンルームや小さめのLDKだと意外と確保が難しいこともあります。

次に各テレビサイズごとの高さと横幅について説明します。
自宅のテレビサイズから、適切なソファまでの距離を算出してみましょう。

1インチは何センチ?テレビサイズの基準を解説

テレビサイズの基準

ソファからテレビまでの適正距離を測るためにはテレビのサイズを知っておく必要があります。

ここでは、テレビサイズの基準について解説します。

テレビサイズ『インチ』と『V型』の違いとは?

テレビサイズは『〇〇インチ』と表記されている場合と、『〇〇V型』と表記されている場合があります。

インチとV型表記の違いは以下の通りです。

インチ ➡︎ 画面のサイズ・・・映像が映し出される範囲のサイズ

V型 ➡︎ ヴィジュアルサイズ・・・フレームも含めたテレビ全体のサイズ

つまり『50インチ』と『50V型』では、『50インチ』の方が大きい画面のテレビということになります。

ソファからテレビまでの適正距離を判断する上で参考にするのは、テレビ画面の大きさになります。
そのためソファからテレビまでの適正距離は『〇〇インチ』を参考にして考えます。

各インチのテレビサイズ

テレビの大きさは、『横:縦=16:9』の比率になっているものがほとんど。
インチから出すテレビ画面のサイズは以下の通りとなっています。

インチごとのテレビサイズ一覧
テレビサイズ=16(横):9(縦)の場合

テレビからソファまでの適正距離の計算方法

テレビからソファまでの適正距離は、テレビ画面の高さの3倍』と言われています。
テレビサイズごとの適正距離は以下の表を参考に確認してください。

テレビからソファの距離の計算表
テレビサイズ=16(横):9(縦)の場合

ソファに座った時の目の位置を測点にしてテレビまでの距離を測りましょう

視線の角度は?

テレビを観るうえで、適切な視線の角度も存在します。

視線は10〜15°下に向くようにテレビを設置すると観やすいと言われています。

テレビ台やソファを選ぶ際には、テレビの高さがどれくらいの位置にくるのかも計算しておくと良いでしょう。

テレビとソファは正しい距離で配置しよう

テレビとソファの距離を正しく理解することは、快適でお洒落な部屋を作るうえで欠かせない知識です。

本記事があなたの素敵なおうちづくりの手助けになれば幸いです。

参考になった記事をシェア
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

年間100件以上の家をコーディネート。
そこで得た経験を基に、本当に役立つ家づくり・インテリア選びの知識を発信。

▼YouTubeチャンネル『インテリアマガジン』も運営中
https://www.youtube.com/@interior-magazine

目次