ボンネルコイルとポケットコイルの違いとは?どっちがいいのか徹底解説

ボンネルコイルとポケットコイルの違いとは?どっちがいいのか徹底解説

本記事はプロモーションを含みます

みなさんはボンネルコイルとポケットコイルのマットレスの違いをご存知ですか?

寝心地はもちろん、耐久性や腰痛への対策効果など、コイルの種類が違うだけで全く異なる特徴がそれぞれあります。

今回はボンネルコイルとポケットコイルのマットレスの違いを徹底解説していきます。

YouTubeも要チェック

目次

ボンネルコイルとポケットコイルの比較表

ボンネルコイルとポケットコイルの違いを知るために、まずは各項目を比較してみましょう。

比較項目ボンネルコイル
ボンネルコイル
ポケットコイル.
ポケットコイル
構造複数のコイルが連結しているコイルひとつひとつが独立している
寝心地体を面で支える

硬めな寝心地
体を点で支える

コイル数が多いほど柔らかめ
体圧分散低い高い
揺れ大きい小さい
寝返りしやすいしづらい
通気性良い悪い
耐久性高い普通
価格低い高い

ボンネルコイルの特徴

ここではボンネルコイルの特徴について詳しくみていきましょう。

構造

ボンネルコイルは、中に入っているコイルが全て連結して繋がっています。

繋がっているコイルは連動して動き、かかる圧力に対して全てのコイルが協力し合って体を面で捉えます。

体圧分散力

ボンネルコイルは面全体で体を支えるため、部位ごとの重さの違いや体の凹凸に合わせた動きは不得意です。そのため体圧分散力はあまり高いとは言えません。

寝心地

コイルが連結して体を面で支えるため、ボンネルコイルの寝心地は硬めになります。

また、力を加えた分だけしっかりと跳ね返ってくるので寝返りはしやすくなります。

ただし、1箇所に伝えた振動がマットレス全体にも伝わってしまうので、パートナーの寝返りなどによる揺れも感じやすいというデメリットもあります。

通気性

ボンネルコイルは中身が空洞で周囲の空間も空いているため、通気性が良くなります

コイルは金属製のワイヤーで作られているため、通気性が良いことによってコイルの寿命も長くなります。

耐久性

ボンネルコイルは繋がったコイル全体で体重を支えるため、コイルにかかる負荷は少なくなるため耐久性は高くなります。

価格

ポケットコイルと比較した場合、ボンネルコイルの方がコイルの使用量が少なくなるため、価格は安くなります。

ポケットコイルの特徴

次にポケットコイルの特徴について詳しくみていきましょう。

構造

https://www.nitori-net.jp/

ポケットコイルは、コイル1つ1つが独立しています。

独立しているコイルはそれぞれ別々の動きをするため、ポケットコイルは体を点で支えるイメージになります。

体圧分散力

ポケットコイルはコイル1つ1つが独立して動くため、体の部位ごとの重さや形状に合わせて変形することで体圧分散力は高くなります。

寝心地

体の部位ごとに違った動きをしてくれるポケットコイルは、お尻や肩などの重さがかかりやすい部分はよく沈み込みます。そのため、使用されるコイルの数が多いほど硬め、コイルの数が少ないと柔らかめに感じやすいです。

加えた重さや力はほとんど吸収されるため、寝返りはしづらくなってしまいます。

その分、揺れや振動も伝わりづらいためパートナーの寝返りなども気になりづらいメリットがあります。

通気性

ポケットコイルは1つ1つが不織布で包まれているため、通気性はあまり良くありません。

ベッドパッド・除湿シートの使用や寝室のこまめな換気を怠ってしまうとカビやダニの発生が促進されやすくなってしまいます。

耐久性

ポケットコイルの構造上、1つ1つのコイルにかかる負荷が大きくなってしまうため、耐久性は高いとは言えません。

価格

ボンネルコイルと比較して、ポケットコイルの方がコイルの使用量が多くなるため、相場としてはポケットコイルの方が1〜2万円程度高額になることが多いです。

並行配列・交互配列の違い

ポケットコイルの中でも、コイルの配列方法によって並行配列交互配列の2種類に分けることができます。

並行配列

並行配列はコイルが並行に並べられています。

そのため、コイル同士の隙間が大きくなり、体に対してのフィット感はやや低下します。

ただし、隙間があることにより通気性が確保される点やコイルの独立性が高まるというメリットがあります。

交互配列

交互配列はコイルが互い違いに隙間を埋めるように並べられます。

そのため、並行配列よりもコイル同士の隙間が少なくなり、より細かく体にフィットします。

隙間が少なくなることにより、通気性は悪くなったりコイルの独立性が低下するというデメリットもあります。

寝心地は並行配列よりも硬めに感じやすくなります。

腰痛向けのマットレスはどっち?

睡眠による腰痛は、腰が反理すぎることが原因になることが多いです。
特にボンネルコイルのマットレスは、お尻部分が沈みづらく腰が浮きやすくなってしまいます。

そのため、腰痛対策には頭・首・肩・腰ごとにそれぞれフィットして変形してくれるポケットコイルがおすすめです。

まとめ

比較項目ボンネルコイル
ボンネルコイル
ポケットコイル.
ポケットコイル
構造複数のコイルが連結しているコイルひとつひとつが独立している
寝心地体を面で支える

硬めな寝心地
体を点で支える

コイル数が多いほど柔らかめ
体圧分散低い高い
揺れ大きい小さい
寝返りしやすいしづらい
通気性良い悪い
耐久性高い普通
価格低い高い

ボンネルコイルとポケットコイルの特徴を比較するとこのような違いがあります。

基本的にはマットレスの性能としてはポケットコイルの方が優秀になりますが、金額の違いや求める機能をしっかりと考えたうえでどちらが自分にとって良いのかを判断しましょう。

参考になった記事をシェア
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

年間100件以上の家をコーディネート。
そこで得た経験を基に、本当に役立つ家づくり・インテリア選びの知識を発信。

▼YouTubeチャンネル『インテリアマガジン』も運営中
https://www.youtube.com/@interior-magazine

目次